ゆきゆきて神軍 / 原一男

 この映画はニコニコ動画にも転がっているが、絶対に観た方が良い。命を賭けてオススメできる。

 それにしても、あまりに強烈な映画だ。「ドキュメンタリー」であるからこそ、人々はこの映画に打ちのめされる。戦時中、空腹に飢えかねた日本軍の兵士が下っ端の兵士を撃ち殺して人肉を喰らい命を繋いでいたという事実を、人肉を食した当事者がカメラの前ではじめて告白する場面――その緊迫感――は筆舌に尽くしがたい。この映画で一番「リアル」なものは、過去の罪を告白するか否かをめぐって責任を追及される登場人物たちの生々しい表情、狡さ、怒り、諦念などだ。これほどまでにリアルな駆け引きをおさめた映像は、滅多に存在しないだろう。告白者たちの表情がこの映画で一番印象に残っている。しかし、この映画は本当に事実をありのままにおさめた「ドキュメンタリー」なのだろうか?

 かつて蓮見重彦は、アッバス・キアロスタミの映画を評してこう述べた。「キアロスタミの映画は素朴な魅力にあふれているわけではない。(中略)子供の表情の驚くべき自然さを指摘する余裕があったら、その自然さを虚構としてキャメラで切り取って見せるというその演出の残酷さを想像してみるべきである」。どうやら、この映画もかなり「残酷」なものであったようだ。「奥崎謙三 神軍戦線異状なし」というブログに、いくつかの裏話が紹介されている。

 原によると「ゆきゆきて神軍」の人肉食やデッチあげ処刑の真相追及する件も、最初は奥崎はあまり乗り気ではなかったらしい。兎に角、自分のことを格好良く撮ってくれと、そういう態度がアリアリと感じられたそうだ。映画を利用して何かをやりかがっていたのは確かだ。最初は処刑事件の真相を追及するために、相手宅に行っても、奥崎が逃げるような言葉を与えてしまうので原は困り果てていた。(中略)そんな恥部を見せずに、「ゆきゆきて神軍」を反戦ドキュメンタリーに仕立てた原一男の編集技術は神業と言えよう。(参照

 奥崎自身も「ゆきゆきて神軍」のことをこういっている。「自分の生き方を認められる内容の映画を希望したが、原監督は戦争被害の実情を報告するドキュメンタリー映画を作りたかったようだ。そのため、私は被写体となることを二度三度やめようとしました」(参照

 奥崎に会いに来た人々は、天皇制への怨嗟を奥崎が吐露することを聞くことが目当てであるが、奥崎は「理想社会」の話を取り憑かれたかのように延々と続けるので、呆れて帰ってしまうらしいのである。奥崎も「この間も有名らしい人が来て私にいいましたよ。元兵士としての奥崎謙三は理解することを努力するが、理想社会だの世界の真理だのという奥崎は理解できない。私は別に理解されなくても構いませんがね」(中略)

 皇居パチンコ事件が起きたのが昭和四〇年代。この時期は反戦運動が盛んだった時期である。運動を盛り上げる材料として、奥崎は体よく作られた偶像に過ぎず、大衆は自己の都合の良いように奥崎という帰還兵を反戦のシンボルとして崇めていたに他ならない。つまり、調子よく踊らされていたのだ。(参照

 つまり、このドキュメンタリーに描かれている「戦争責任の追及という正義を追い求める暴力的な狂犬としての奥崎謙三」という姿は、かなりの程度作られた虚構であったということだ。手塚治虫はこの映画に登場する奥崎に対して「告発の姿勢がかなりカメラを意識して演技的に見える」と評したそうだが、なんのことはない、そもそも奥崎は「告発それ自体(戦争責任の追求)」を追い求めていたわけではないのだ。虚構を事実に偽装する、「ドキュメンタリー」と称される手法のぞっとするほどの残酷さ、それ自体がこの映画の醍醐味なのである。

 とはいえ、戦時下では相当数の兵士が人肉を喰らっていたし、時には味方の兵士を撃ち殺して食べていたという衝撃的な事実が、生々しい肉声とともに告白される場面をおさめた映像のリアリティは凄いし、なによりも、わたしたちはこの歴史的事実を真正面から凝視しなければならない。作られた虚構としての「戦争責任追及者・奥崎謙三」は、わたしたちの「戦争のはらわた」に対する凝視を引き出す、原一男監督がこしらえた超一流の装置だったのである。あらゆる意味で、凄まじい作品だ。日本人なら全員観るべきだ。

95点

Amazon Related Search

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.