3 月 31

 1969年の作品。これまた、ニコニコ動画に転がっている(レアだ!)。なんというか、こんなに甘酸っぱい極上の青春映画は滅多にないだろう。死体だらけだけれども。一度観ておいて損はない。カメラワークも抜群に素敵だ。もっとも、宮台真司のように「これを観て人生が変わった」と言い切るのはどうかと思うけれども。

 内容は残酷。しかし、映像・音楽・セリフは、つくづく、ため息が出るほど美しい。中村義則の同タイトルの詩にインスパイアされながら、若松監督は甘酸っぱい叙情詩を綴ったのだ。そう、これは詩だ。小説ではない。理解しようとしてはダメだ。身体と心をフィルムにまるごと預けるしかない(そんな体験が許されているのはとても幸せなことだ!)。寺山修司に代表されるような昭和日本の屈折した自意識を、ただただ詩的に味わいたい。

 青春時代。繊細な人ならば、一度はこのような感覚を持ったことがあるんじゃないか。人を殺したい。誰かに殺されたい。自殺したい。でも自殺する勇気はない。性欲が体を貫く。でも肉欲のあからさまな露呈に対しては嫌悪感を抱く。性欲がなにかとても大事なものを奪ってしまうかのような哀しさ。

 「二度目の処女」って、なんだろう。それはきっと、輪姦されてもまだ奪われていない、心の処女。血の中で求め合い、屋上から飛び降りて互いの「愛」を知る。映像としては出てこない、おそらく地上に飛び散ったであろう鮮血が、「二度目の処女」が奪われたことを示しているのだろう。その姿は、「二度目の処女」の意味を噛みしめながら、自分の脳裏に詩的に描くしかない。最後は、鑑賞者が、自分の心の一番繊細な部分(それがきっと「二度目の処女」)と向き合うことを余儀なくされるのだ。

 ”ただのセックスシーンでも、何だか冷ややかに見ていて、おそらく「ヌケ」ない。もの凄く、即物的な印象”とこちらのサイトに記されている。本当にそうだろうか。正直に告白すれば、自分はこの映画が描く無機質なエロスに、たまらなく欲情してしまった。ただただ、少年が羨ましかった。ゆけ、ゆけ、二度目の処女。

ゆけゆけ二度目の処女 
男が選んだ最高傑作 
ゆけゆけ二度目の処女 
遠回りでも明るい歩道を 
ゆけゆけ二度目の処女 
愛の喜び恋のニトログリセリンよ
ゆけゆけ二度目の処女 
あなたのマラソン長引かせる 
長引かせることのない空の部屋 
鶏ガラのように立ち上がる 
近親相姦の台所 
あなたの大きな下腹部 
あなたの自転車
ゆけゆけ二度目の処女 
あなたの大きな手のひらに 
黄色の夢となって乗りたい 
処女の泉のほうへ 
窓から窓から落ちてきた鳥を

82点

3 月 29

 ナボコフの小説も良いけれど、キューブリックが撮った映画版も素晴らしい。ロリータの女優が可愛い過ぎる。これはやばいね。それだけで観る価値がある。彼女に誘惑されたら全人生を投げ打って追いかけると思う。でも、彼女はどう見ても10代後半で、18歳前後といえば万人にとってストライクゾーンな恋愛対象になるわけで、だから、この映画では、ロリコン独特の奇特な世界が描かれていないとはいえる。その点は残念。つまり、ナボコフの小説は別にして、キューブリック独自が描いた世界観としてみれば、この映画は評価できると感じる。

85点

3 月 29

 1966年。もうこれは文句のつけようがないミュージカル映画。よってコメントなし。ドヌーブも相変わらず凄まじく美しい。鑑賞後、史上最強にハッピーになる映画。これを観ないのはただの馬鹿、ってか勿体ない‥ ひとつだけ言うならば、冒頭で、みんなが踊っている広場をパンフォーカスしている状態から、徐々にマンションの一室へとカメラがズームインするシーン。痺れた。コテコテでベタなストーリーを、これだけ華麗に、かつ幸せ感充ち満ちて撮れるのはすごい。街角の踊りは、軽やかに出会って、離れて、異なる人と重なって、またどこかで出会うものだ。カメラワークが、その交差のさまを過剰なまでに表象している。人がたまたま交差して、別れて、またどこかで出会う。カメラは途切れることなく、軽やかに、まるでミュージカルのダンス・ステップのように、追う対象を切り替えてゆく。街角だからこそすれちがう、すれちがうからこそ高まる恋のドキドキと切なさ。ああ、幸せだ。

95点

3 月 29

 ミュージカル映画。つまり、せりふはすべて歌。愛した彼が戦争に出かけ、待てど暮らせど還ってこない。登場するもう一人のイイ男。もはや交差しなくなった二人の道。彼はやがて還ってくる。が、それぞれがお互いを知らずに生きている。クリスマスも近い頃、ふたりは雪の中、ふたたび冷たい吐息を交わす――。 musicを担当するのはかのミシェル・ルグラン。って書くまでもなく超有名な作品ですが、なぜ今まで観なかったのかと悔やむほどのクオリティ。カトリック・ドヌーブの想像を絶する美しさに股間が立つのも忘れ、陽気さと哀愁がせめぎあう最高なルグラン・ミュージックに心躍らせていれば、画面にはなんとも鮮やかなTechnicolorの色遣い。とにかく観やすい。また、とにかく「面白い」。評論するのも馬鹿らしいほど、映画好きにも、ハリウッド映画しか観ない人にも、おすすめ。これを超えるミュージカル映画はあり得るのか?これを観て損したと感じるヤツがいるのか?

95点

3 月 29

 これも公開中。ってか恵比寿ガーデンプレイスの公開はもう終了したのかな?これ絶対におすすめ。イイ。恋と愛と喪失を、ひたすら登場人物二人の語りで進行させる。語りっつっても回想シーンとか入るわけじゃなくて、ただ、パリの街角をしゃべりながら歩いてるとこを映すだけ。それだけ。あ、一軒だけカフェに入ったか。それだけなのに、それだからこそ、言葉から零れ落ちる余剰が際立つ。ラストシーンも秀逸。見に行け!見に行け!

85点

3 月 29

  見終わった後にきゅっと恋人の手を握りたくなる映画。これに尽きる。もっとも、なぜそこまでセックス描写を織り交ぜるのかは謎。メルヘン過ぎる世界に、ある程度の汚さを織り込みたかったのか、あるいは、セックス自体をメルヘンに描きたかったのか。ともあれ、監督の頭の中にある世界を、映画という手段(メディア媒体)を使って表現した映画だ。実に「非現実的」な映画。アニメ的な映画。パリの町並みはパリの町並みではなく、パリの町並み的なもの(監督の頭の中にあるイメージの再現)となっている。だからこそ人は現実を忘れて、幸せな世界に浸ることができる。これは良い面だ。一方、非現実的だからこそ、実際画面に映っている場所から外へ、空間・意味はあまり拡がっていかない。現実に対してひらかれた映画ではないので、映画の中で世界が完結してしまっている。それは映画の可能性を狭めていることでもあるけれど、もちろん、それはそれで見事であり、素晴らしく、しばらく幸せ感に溢れた。(’02 2/23)

78点